山田屋 WEB酒店のホームへ 善通寺 酒の山田屋 サイトマップ 善通寺 酒の山田屋 会社概要 善通寺 酒の山田屋 通信販売 善通寺 酒の山田屋 お問合せ
善通寺 酒の山田屋

みそ


主な原料は大豆で、これに麹や塩をまぜあわせ、発酵させることによって大豆のタンパク質が消化しやすく分解され、また旨みの元であるアミノ酸が多量に遊離する。温暖多湿という日本の国土条件の中、職人技により製造される。 非常に種類が豊富であり、その地域、種類により赤味噌、白味噌、合わせ味噌などに分かれる。頭の回転をよくするには、脳の新陳代謝に欠かせないたんぱく質とビタミンB群を含む食品を摂る必要があります。みそはその点、非常に優れた食品といえます。

味噌はひとつのものを単体で使うよりも2~3種類を組み合わせ、“合わせ味噌”にして使うのがおすすめです。
その場合は、味や色が近いもの同士を合わせるよりも、辛口と甘口、赤味噌と白味噌など、特徴の異なるものを組み合わせるのがポイント。違った味や風味がミックスされ新しい美味しさが生まれます。


山田屋自家製味噌


当店の味噌は、100年前から同じ製法で造り続けています。100%国内産原材料を使用し、添加物、着色料は一切使用しておりません。

造り方はごくシンプル。蒸して冷却した米に「種こうじ」を混ぜ、ならして2泊3日、温度と湿度を管理。こうしてできた「麹(こうじ)」に、今度は蒸煮した大豆、食塩を混合。発酵・熟成用の容器に詰め、半年かけて熟成させていきます。


赤味噌

赤味噌

1kg 550円

中辛・・・辛みと旨みのバランスがよくとれた味噌です。

おでん、ふろふき大根に。またおにぎりにぬって焼きおにぎりに。


白味噌

白味噌

1kg 750円

甘口・・・やわらかめでこってりとした味わいの味噌です。

卵焼きに、水で溶いた白味噌を加えて焼くと、なぜか、フワフワに焼きあがります。


もろみ

「もろみ味噌」と分類される一群の食品は、「味噌のもろみ」ではなく、醤油のもろみに近似したものを、最初から「もろみ」そのものを食べることを目的として造るものを指すことが多い。醤油を作るときと同様の方法で麦・大豆・米などから製造した麹を、醤油のときほどは多くない塩水に漬けて熟成させるものが基本形である。 今日では食品工業的には醤油・塩・糖類などの調味料を入れた液体に漬け込む製法で造られていることが多い。


山田屋酒店自家製もろみ


当店のもろみは、100年前から同じ製法で造り続けています。100%国内産原材料を使用し、添加物、着色料は一切使用しておりません。
もろみ

もろみ

400g 500円

モロキュウ(もろみとキュウリ)は、もちろん、いろんな野菜と相性ピッタリ!

また、温かいご飯と共にお召し上がり下さい。



善通寺 山田屋酒店  香川県善通寺市善通寺町3丁目2-16
電話:0877-62ー0236 FAX:0877-62-8024  メールはこちら