山田屋 WEB酒店のホームへ 善通寺 酒の山田屋 サイトマップ 善通寺 酒の山田屋 会社概要 善通寺 酒の山田屋 通信販売 善通寺 酒の山田屋 お問合せ
善通寺 酒の山田屋

カクテル


おいしいカクテル



カクテルとは


お酒とお酒、お酒とジュース、お酒と水、お酒と生クリーム、お酒と卵、シナモン、タバスコなどなど、混ぜ合わせて作る飲み物。
またお酒が入らなくともノンアルコールカクテルという飲み物もあるので、大きく考えるとミックスドリンク、ミックスジュースと思うと分かりやすい。


カクテルの歴史

古代ローマ、古代ギリシャではワインに海水や水を割り入れ、古代エジプトではビールに、ハチミツやしょうがを加えて飲んでいたと言われている。また中世ヨーロッパでは、寒い日にはワインにスパイスを加えホットワインにして飲んでいた。
これは、昔のワインやビールはストレートで飲むには不味かった為、色々なものを加えたり、割ったりして飲まれていたらしい。


カクテルの基本テクニック


シェーク ステア
シェーカーを使ってシェーク(振る)してつくることで急速に冷やし、混ぜにくい材料をすばやく混ぜ、強い酒もまろやかになって飲みやすくなります。

シェーカーのボディに氷、材料をいれ、ストレーナー、トップをはめる。

前後にリズミカルに15~16回振る。混ざりにくい卵や生クリームのときは、30回くらい強く振る。

トップをはずし、ストレーナーがはずれないように人差し指で押さえながら、グラスに注ぐ。
ミキシング・グラスに氷と材料を入れ、バー・スプーンで、ステア(混ぜる)する方法で、材料の持ち味をいかした作り方。


ミキシング・グラス、ストレーナー、バー・スプーンをに用意し、ミキシング・グラスに氷を入れる。

ミキシング・グラスに材料を入れる。左手でグラスを押さえ、バー・スプーンをグラスの底にいれ、背をグラスの内側に当てるようにして15~16回、回転させる。バー・スプーンは、らせん部分を中指と薬指で軽くはざむのがコツ。

ミキシンググラスにストレーナーをしっかりとはめ、人差し指でストレーナーを押さえながら、グラスに注ぐ。
ビルド ブレンド
材料を直接グラスに入れて作ります。特別な道具もいらず、もっとも簡単な作り方。


グラスに氷を3~4個入れる。

材料を注ぐ。ソーダや果汁で割るときは、充分に冷やしておいたものを注ぐ。

バー・スプーンで軽くステアする。回数は1~2回までにする。
ミキサーを使って材料を混ぜ合わせる方法で、フローズン・スタイルやフルーツを溶かし込むときの作り方。


フルーツを加えるときは、2~3cmの大きさに切る。

フルーツ・クラッシュド・アイス、その他の材料の順に入れ、シャーベット状になるまでかける。

左手でグラスの底を押さえ、グラスに移す。
かためで移しにくいときには、バー・スプーンを使って移す。

善通寺 山田屋酒店  香川県善通寺市善通寺町3丁目2-16
電話:0877-62ー0236 FAX:0877-62-8024  メールはこちら